So-net無料ブログ作成
検索選択

来月より・・・ [仕事]

新しい職場で働くことになりました。
やはり、年齢の壁は厚く結構てこずりました(^^;

福利厚生等がしっかりした法人就職ですから、家族も安心してるようです。
もっとも、給与は下がってしまいますが、
嫌な仕事を続けるより、
前向きに取り組める仕事の方が、マシ。
当然、仕事に対する気持ちの入れようも変わってきます。

屁理屈でしょうか?
でも、実際、サービスを受けるお客様のことを考えてみると、どうでしょうか?
互いに不幸ではないでしょうか?
仕方なく働いていて、嫌々働いていて何が提供できるのでしょうか?
作り笑顔は直感的に見抜かれてますよ。
それでも買ってくれたりするのは、単純にモノやサービスを必要としていたお客様だったからに過ぎません。
すなわち、「仕方ないから、買う」

業界最大手。ネームブランド商売している会社のサービスは?
お粗末。
一番適した言葉です。

実際、前職で辞めていった後輩や先輩は、
「こんな会社だとは思ってなかった。」
いろいろ意味を含んでいて、奥が深い言葉です。
「従業員のみならず、お客様へも虚偽の宣伝・サービスをしている会社」と言うのが前職場でした。

重大な刑事事件に発展する事案も、もみ消しています。
マスコミ対策に相当な金額投じてしてるのは、社員であれば誰しもが知ることです。
ですから、内部告発してもモミ消されます。

以前、天下り先企業の順位リストが公表されましたが、翌日にはデータから抹消されてしまったみたいですね。

今度の職種は、何なのか書きませんが、かなり競争率高かったと思います。
合同説明会での転職だったのですが、面接の予約票をブースの担当者に渡します。
簡単な面談をし、後日先方からの日程連絡を待つ形式だったのですが、
応募者多数でご縁がなかった、と何社か断りの連絡がありました。

面接出来た会社・法人の数社から内定いただきました。
説明会で、「いいところだな」と思った法人から、内定いただいたので、とてもラッキーだと思います。
面接当日は、見学兼ねての面接でした。その際、改めて「ここだ」と思ったところでしたので、
本当に良かったと思います。

転職とスカウト [仕事]

実は現在諸事情により無職です。転職活動の一つとして某大手の転職サイトに職務経歴一式登録してあります。企業からのスカウトを待つという方法があるのでオファーを受ける設定にしていましたところ、外資系の生保からコンプライアンス担当の幹部候補として・・・とオファーを頂きました。書類選考は登録レジュメでパス。即面接をと言うものでした。が、非常に残念なことにその時点では体調が優れず、仮に内定頂き就職できたとしても、迷惑をかけてしまう可能性が大きかったので断りしてしまいました。

と、自分のことは置いといて、最近では、転職は仕事を探している人が、企業へアプローチするだけでなく、企業から転職希望者へスカウトする方法もあるのです。企業からの転職のスカウトを受ければスムーズに転職することができるそうです。上記のとおり転職支援サービスや転職支援会社などに登録していると、企業からの転職のスカウトを利用することができます。

転職スカウトの流れはどのようになっているのかというと、自分に興味を持ってくれた企業の採用担当からあなた宛てにスカウトのメールが届きます。
経歴を登録すればだれでも企業からのスカウトを受けることができますから転職活動に時間をあまり割けないけど転職をしたいと思っている人の場合には、転職活動を一切せずに、転職支援サイトや転職支援会社などに登録をしておいて経歴を公開しておけばいいだけです。

なかなか自分から転職を希望したいと思っていても自分では転職が成功しないことでも、企業からのアプローチがあれば転職が成功する可能性も高いのではないでしょうか?このご時勢でも、あなたの持ってるスキルを必要とする企業があるはず。

忙しくてなかなか転職活動ができない人や、今までの経歴やキャリアが素晴らしいけど求人情報ではなかなかそれを活かす仕事に就けないと思っている人の場合には、スカウトを待ってみるといいかもしれませんね。意外な大手企業からの転職スカウトもあるかもしれませんから、自分で転職先を探すよりも大手の転職先を見つけることができるかもしれません。

転職を考えている人は積極的に活用した方が、案外良い結果を簡単に得る事が出来るかもしれません。大手の企業が必ずしも良いということではありませんが、大手で働きたいと思っている人にとっては、スカウトを利用することで夢が叶うかもしれません。転職活動に行き詰っまったり、転職活動に時間を取ることができない方のご参考まで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事